>> 入力は3分!簡単なテストで恋愛傾向の診断結果などを無料進呈中! <<
>> 「オーネット(O-net)」の無料オンライン診断「結婚チャンステスト」はコチラから <<


■  仲人組織の問題点



お見合いには、仲人が欠かせません。最近は、仲人が組織化を行って活動するケースも増えているようです。これは、仲人をしたい人が集まって一つのまとまった組織をつくり、場合によっては全国的な規模で情報交換し、広い範囲から相手を選んで見合いを進めるという形です。たまたま、見合いの相談をした人や、その人の知人がそのような組織に入っていたりすると、まったく想像もつかない遠いところから相手を紹介されたりすることもあります。

広い範囲から相手を探せると言うメリットはありますが、中間に複数の紹介者が入ることで、経済的負担もさることながら、かなり無責任な紹介になりがち、という問題があるのも事実です。いったん書類を他人に渡してしまうと、書類が一人歩きして、思わぬ人の手に渡ることもあるわけです。挙句、見合いのお礼がいくら、書類送付の手数料がどうのといった利害が生じ、きちんとした見合いが望めなくなってしまう恐れもあります。

謝礼の金額にしても、きちんとした結婚相談所と違ってはっきりしないため、かえって不明朗になりがちです。本人にとっては大事な人生にかかわることなので、書類が一人歩きしないためにも依頼者を厳選して、くれぐれも慎重に結婚相談を行うようにすべきでしょう。仲人と言うのは、昔ながらの結婚相談の相談先です。面倒見が良いことを売りにしている仲人もいますが、商売上、強引にまとめようと、あの手この手でやりこめようとするケースもあります。

交際やお見合いの申し込みを握りつぶしたり、不透明な部分も結構多いようです。これに加え、仲人の質の差もかなりあります。不良仲人に当たると悲惨なことになりかねません。頼みもしない縁談を矢継ぎ早に組むような仲人はやめたほうが良いでしょう、そのような場合はすぐに退会することです。成婚料だけが目当てで真剣に結婚を考えない仲人も結構多いものなのが実状です。


⇒ 簡単な診断から相手探しのシュミレーションが無料でできます!

  

■ 本サイト人気コンテンツ

★ お見合いからの流れ
★ 紹介者との関係
★ 相手を探す方法
★ 仲人組織の問題点