>> 入力は3分!簡単なテストで恋愛傾向の診断結果などを無料進呈中! <<
>> 「オーネット(O-net)」の無料オンライン診断「結婚チャンステスト」はコチラから <<


■  結婚相談所でのお見合い



お見合いをするのに、結婚相談所に依頼をする、という方法もあります。結婚相談所は、一般的には「真剣に結婚を考えている人に対し、出逢いのきっかけを取持つ処」と考えられています。従来は、これまで出会いがなかったり、仕事が忙しかったりして、結婚適齢期を過ぎていた人が、結婚相談所を利用するものでした。しかし、最近は、「自分の望む条件にピッタリ合った人を」という、高望み(?)する人も多くなり、結婚相談所の利用者数は、年々増加傾向のようです。

結婚相談所は、結婚を前提とした、お見合いの相手を探すのですから、やはり「会員数」が気になるでしょう。かといって「会員数が多い大手の方が、たくさんのお見合いの相手を紹介してもらえる」などと考えるのは、すこし安易過ぎるようです。確かに、会員数が多い分、たくさんの相手が「閲覧できる」ということになりますが、「閲覧」はできても、たくさんの相手を紹介してもらえるという「保証」はされていません。

例え、自分が気にいっても、相手が気に入らなければ、見合いは不成立になってしまいます。しかし、「確率的」に考えれば、会員数が少ないよりは、会員数が多いほうが、紹介してもらえる人数が確多くなるので、会員数が多いにこしたことはないとは言えるでしょう。また、会員数と同様、間違った知識を持っているもので、「成婚者数=実績(成婚率)」というのがあります。

見合いから、結婚まで進んだ人の割合を、成婚率と言いますが、成婚者数と実績は比例していない、ということも知っておいた方が良いでしょう。例えば、在籍した会員さんが10,000名いて、そのうち100名が成婚した場合と、会員さんが1,000名いて、50名が成婚した場合を例にあげてみるとすると、数字的には、前者が成婚者数は圧倒的に多いのですが、成婚の確率は後者が高いことになります。このことから考えて、「実績」は前者があるが、「実力」は後者がある・・・ということになるのです。


⇒ 簡単な診断から相手探しのシュミレーションが無料でできます!

  

■ 本サイト人気コンテンツ

★ お見合いからの流れ
★ 紹介者との関係
★ 相手を探す方法
★ 仲人組織の問題点