>> 入力は3分!簡単なテストで恋愛傾向の診断結果などを無料進呈中! <<
>> 「オーネット(O-net)」の無料オンライン診断「結婚チャンステスト」はコチラから <<


■  紹介者との関係



見合いを依頼する場合、相談を持ちかける人も、慎重に選ぶべきです。いわゆる、世話好き、というタイプの人の中には、本人の考えを無視して強引にまとめようとしたり、断るとなんだかんだと文句を言う人も結構多いものです。また、あまり社会的地位が高い人に依頼すると、自分の希望が十分に通らなかったり、断りにくくなったりします。ポイントとしては、信頼でき、本人のことをよく知っていて、物事を公平な目でみることができる人、社会的にも信用があり、交友関係のの広い人、などです。例えば、会社の上司、親戚、学生時代の恩師などが一般的でしょう。

また、見合いの世話をしてくれる人は、見合いの場にも同席してもらい、アフター・フォローもしてもらわなければいけません。日取りの設定やその後の報告など、こまめに連絡したり、会ったりする必要があるため、なかなか連絡が取れないというのでは不都合も起こります。このため、普段忙しい人も、紹介者としては不向きでしょう。結婚相談をお願いする人を決めたら、親などの身内と一緒に本人も世話人宅へ挨拶に伺います。このとき、写真や身上書など見合いに必要な資料を必ず持参します。

そして、本人自身が「どうか、よろしくお願いします」と丁寧に挨拶をし、本当に見合いを望んでいることを伝えます。この際、書類には書かれていない、結婚に対する希望や条件をできるだけ具体的に伝えるようにします。事前に、希望する年齢や学歴、職業、家庭環境などの条件について、よく話しあっておく必要があります。自分の側でも、転勤が頻繁にあるとか、老親の介護があるとか、結婚に不利と思われる点があれば、初めから世話人に正直に知らせておくべきです。

見合いの話しがきたら、まず、相手の書類に目を通し、よく考える時間をもらいます。このとき、疑問に思った点やより具体的に知りたいことがあれば、紹介者に問合せします。紹介者を通じて、相手に尋ねてもらってもよいでしょう。書類を受け取ってから、断るか見合いに進むかの判断は、通常、1週間以内に紹介者に伝えるのがマナーでしょう。見合いを進めてもらいたい場合、紹介者に自分の気持ちを伝えます。直接会って話しをする必要はなく、電話でも構いません。


⇒ 簡単な診断から相手探しのシュミレーションが無料でできます!

  

■ 本サイト人気コンテンツ

★ お見合いからの流れ
★ 紹介者との関係
★ 相手を探す方法
★ 仲人組織の問題点