>> 入力は3分!簡単なテストで恋愛傾向の診断結果などを無料進呈中! <<
>> 「オーネット(O-net)」の無料オンライン診断「結婚チャンステスト」はコチラから <<


■  初めの段階では



人に見合いを頼む時、まず写真を用意し、次に履歴書や、身上書など、自分の状況を記した書類を用意することになります。履歴書は万年筆か毛筆で丁寧に書きます。用紙はとくに規定はありませんが、市販の履歴書は味気ないので、白い便箋を使うべきでしょう。本人直筆が原則です。書き方にもその人らしい個性が表れるものです。履歴書には生年月日、現住所、学歴、職歴、資格などを書き、生活状況は、自分をよく知ってもらうための資料となります。身長、体重、健康状態、趣味、宗教、生活信条などを書きます。

家族状況は、父母、兄弟など、二親等内の人の氏名、年齢、出身校と職業などを記入します。別居している家族はその理由と居所を、亡くなった家族はその年月日を簡単に記しておきます。お見合いで大事なのは、相手がどういう人を望んでいるかでしょう。このため、最低限の希望条件や、結婚生活に対する考えを簡単なメモにして渡すとよいでしょう。相手の年齢や職業、年収、親との同居の可能性の有無などできるだけ具体的に記すことです。

お見合いで、良い相手を見つけるには、世話をする人も問題となります。真剣に自分のことを考えて進めてくれるか、興味本位や利害がからんでいたり、謝礼が目当ての世話ではないか、などというところもチェックしておくべきでしょう。あまり面倒見が良すぎて、あちこちに見合いの話を持ちかけて整理がつかなくなってしまい、結局、まとまる話もまとまらなくなったという話も結構あるものです。

勿論、自分自身に結婚する意思があるかどうかも重要です。見合いの話を持ちかけられても、交際中の相手がいるとか、片思いながら結婚したい人がいながら、義理でお見合いをする、というのはよくありません。はっきりと自分の気持ちを表明することです。そうでなくても、書類を検討した結果、どうも自分とは合わない、または結婚相手としての条件に合わないと思ったら、書類を預かってから一週間以内に紹介者に返し、はっきりと断るべきです。条件などが合わないときは、その旨もはっきり伝えたほうが良いでしょう。本人の結婚観が紹介者にも伝わり、今後の参考にもなるのです。


⇒ 簡単な診断から相手探しのシュミレーションが無料でできます!

  

■ 本サイト人気コンテンツ

★ お見合いからの流れ
★ 紹介者との関係
★ 相手を探す方法
★ 仲人組織の問題点