>> 入力は3分!簡単なテストで恋愛傾向の診断結果などを無料進呈中! <<
>> 「オーネット(O-net)」の無料オンライン診断「結婚チャンステスト」はコチラから <<


■  お見合いからの流れ



お見合いを持ちかけられ、紹介を行い、話が進行し始めると、ある程度交際を重ね、三〜四か月以内に最終的な結論を出せるようにする、というのが通常のパターンでしょう。交際期間が一年,二年と長引くのはよくありません。長くつき合ったために、かえって結婚の時期を逸したり、そのときになって断りきれなかったり、というのもまずいものです。いわゆるフィーリングが大事でしょうが、ある程度、客観的な判断材料も知っておいたほうが良いでしょう。

まず、書類に書かれていた内容と、実際つき合ってみて感じた相手の実像とにどれだけ差があるかということです。履歴書や生活状況は自己PRの要素がかなり含まれているため、その点をよく比べてみることでしょう。さらに、家族や友人たちから見た相手の全体像も大事です。本人が気づかなかったこと、見逃していた点などが、第三者には意外とはっきり見えるものです。

見合いを行っても、最終的に結論を出すのは本人自身です。結婚の意思を固めるにしろ、交際を打ち切るにしろ、結論が出たら、はっきり伝えるべきなのは言うまでもありません。交際を断る際は、優柔不断の態度をとったりせず、きっぱりと話すほうが、先方にとっても失礼とはなりません。また、逆に相手から断られた場合も、あまり落ち込まず、緑がなかったものと割り切り、きっぱりあきらめることが大切でしょう。

紹介する側からすれば、結婚相談を持ちかけられるということは、人間的にも社会的にも、それだけ信頼されているわけだから、できるかぎり依頼には応えたいものです。しかし、紹介することは、一組の男女を結びつける、重要な役目を担うので、軽々しく引き受けるものでもありません。自分で紹介できるような相手もなく、気が進まない場合には、はっきり断ることです。うっかり引き受けて、先方に期待をもたせたまま長期間放っておくようなことになると、せっかくの信用も失いかねません。


⇒ 簡単な診断から相手探しのシュミレーションが無料でできます!

  

■ 本サイト人気コンテンツ

★ お見合いからの流れ
★ 紹介者との関係
★ 相手を探す方法
★ 仲人組織の問題点