>> 入力は3分!簡単なテストで恋愛傾向の診断結果などを無料進呈中! <<
>> 「オーネット(O-net)」の無料オンライン診断「結婚チャンステスト」はコチラから <<


■  お見合い解説NAVI



「お見合い解説NAVI」にお越し頂きありがとうございます。当サイトでは、お見合いについてのの基礎知識や、最近流行りの結婚相談所のメカニズムなどについて分かりやすくご解説するサイトになっております。

気になってもなかなか人に聞けないこともあるかと思いますので、是非当サイトをご活用頂ければと思います。それでは、さっそくになりますが、「人にお見合いを頼む場合」のポイントを見ていきましょう!

結婚を考えて、お見合いしたい、と思ったなら、誰かに紹介を頼むことになります。結婚相談を人に行う場合、縁談という極めて私的なことをお願いするわけですから、誰にでも簡単に頼める、というものではありません。本人と遠からぬ縁にあり、信頼できる人、その本人のために真剣に考えてくれる人に頼むべきでしょう。一般的には、親戚、親の知人、友人、職場の上司、学校時代の恩師や先輩、などが多いでしょうが、挙式の媒酌人とは異なり、職場の上司など、あとで断りにくくなりそうな人には依頼しないほうが良いかもしれません。

実際に頼むときは、完全に親まかせにせず、きちんと本人が出向いてお願いするのも大事です。親まかせでは本人の真剣さが疑われますし、本人より親の好みや意思が強まったり、縁談をまとめる気持ちが先行しすぎ、本人の希望がきちんと伝わらない恐れもあります。また、書面で伝えられなかったこと、たとえば親の扶養義務、家庭内の事情、身体的な障害など、自分に不利と思えることでも隠さず伝えておくべきです。

結婚相談、お見合いの依頼に行くときは、菓子折りなど、手みやげを持って伺うのが通常でしょうが、親戚やごく近しい間柄の人なら、あまり形式にこだわる必要もないでしょう。まず、書面で依頼を行う場合、「適当な方をご存じでいらっしゃいましたら、ぜひ、ご紹介いただきたいと思っています。」などの文面で依頼するのが基本でしょう。また、書類に書けなかった自分の考えや、相手への希望をはっきり伝え、紹介者がより正しく自分を理解してくれるよう努めることも大切です。

紹介者の役割は、依頼する本人の考え方や結婚観を理解するところから始まります。お見合いを頼むなら、ある程度、社会的な信頼もあり、交友範囲が広い人に頼むのが望ましいでしょうが、単に社会的な地位が高いということだけで結婚相談を持ち込むのもよくありません。その意味でも、本人と打ちとけて話ができるような人であることも大事です。相手の考えを理解でき、他人の立場に立ってものを考えることができる人が望ましいでしょう。

当サイトでは、ご自身のパートナー候補との相性などを知る意味でも、オーネットさんの無料結婚チャンステストを一度試してみることを推奨しております。もちろん入会とは全く関係ないので、気軽に簡単に受けられます。意外と新しい自分を発見できたりしますよ!


⇒ 簡単な診断から相手探しのシュミレーションが無料でできます!

  

■ 本サイト人気コンテンツ

★ 紹介者との関係
★ 結婚相談所について
★ 相手を探す方法
★ 仲人組織の問題点

■ 結婚関連最新ニュース